カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

ハサミセイバン整備で

679.jpg

 

三陸沖、北風速23m。波5m。


大時化の為、休漁。トロール船も休漁。


海は凄いことになっています。


宮古のウニ漁、初回も行われておらず、

 

波が収まるまでしばらくは無理だと思います。

 

さて、巻き上げるヨウモウ機のラインホーラー、

 

昨日の漁でケダが跳ねるようになり

 

ハサミからぶっ飛んでは漁になりませんでした。

 

セイバンに段が付いていたので、

 

削らないとダメなので浜休みの今日作業をしました。

 

セイバン(鋳物)片方1枚の重量50kg。


一人で外したり持ち上げたりするのは無理なので2人作業で。


ハサミのセイバン油圧入れて回しながらサンダーで研磨作業。

 

傾斜に沿って滑らかに平らに研磨していきます。


サンダーの角度や力加減の調整が非常に難しい作業です。

 

 

失敗すると鋳物がいびつに歪んで使い物にならなくなります・・・

 

漁で使っているとケダ(ロープ)でハサミの挟んでいる箇所が擦れて

 

入り組んで段がつきますので、年に数回は研磨します。

 

680.jpg


最後にサバキを付けて、押し車も調整して錆ペンを塗って完成です。

 

681.jpg


そして、タコの最盛期に備えます。


旧暦端午の節句で

667.jpg

 

端午の節句です。


サッパと船と家にショウブとヨモギを束ね、お酒をあげて拝みました。


お風呂の中にショウブを。


浸かると健康に過ごせるそうです。


漁師町の鍬ケ崎、この風習残っております。


子供達にも伝え、これからも大事にして行こうと思います


エアコン取付け〜

555.jpg

 

プレハブ小屋にエアコン付けました!

 

556.jpg

 

557.jpg


これで、ウニシーズン作業快適になります!


今年は、ウニ採ります。


3年ぶりのウニ採捕です。


ガッツリ頑張ります!

 


タコ漁師に

 

タコ漁切り替えです。


年末まで、タコ漁師になります。

 

 

 

魚市場に水揚げをし休みます。


タコ漁師へ

474.jpg

 

昨日の夕方に道具を一本ぶり積み込んでおき、

 

本日仕掛け入れる準備をしました。先程、作業も終了。


5月からタコ漁に切り替えます。


これからタコ漁師となります。


タコは壺ではなく、カゴで獲ります。


餌を付けて海底に仕掛けておきます。


三陸地方では、カゴでタコを獲ります。

 

475.jpg

 

明日も魚市場開場なので、漁に出ます。


まずは、積み込んだ道具を仕掛け入れ


その後、他の道具を上げて餌交換です。


荒れた気象に

433.jpg

 

おはようございます。


本日は、沈没してある道具をスマル引きです。


宮古湾北上し閉伊崎かわって沖だし。


閉伊崎は北波ぶち当たって白くなって波です。


よこうち通過は、船がどんぶらこです。


海が悪いです。


南風が強く吹く予報なので、早めに帰港します。

 

 


発泡浮き作り〜

 

フロート発泡浮き半分に切って被せてくぐし。

 

陸仕事は重要っす。

 


ボンデン作り

350.jpg

 

北西風吹き荒れてます。


陸でも風吹きです。

 

浄土ヶ浜から閉伊崎までの海域は、

 

吹き下ろしで海水面うさぎ波になっています。


湾内がうさぎ波になっているのは珍しいです。


沖はとんでもないことになっているのが分かります。


この時期は、陸から海に向かって吹き下ろしになります。

 

沖合いで操業するのにも大きな船ではないと稼ぐことができません。


船べりや船首がウイリーのように高くないと波が雪崩込んできます。

 

北西や西風吹くと陸に帰って来られません。


船が小さいと転覆します。


それにしても今年は風吹き荒れが続き多いです。


浜にならないのは珍しいです。初めてです。

 

さて、本日は陸仕事。ボンデン作りです。


カンザシ付けた竹に、発泡浮きを差し入れてローブでユツケます。


竹の長さによって、発泡浮きの場所も調整します。

 

発泡浮きが下すぎると海面に浮いた時に立たず真横になります。


ローブでくぐして色々で、ボンデンが出来上がりました。

 

山から竹を切ってきて運んでから、曲がった竹を炙ってまっすぐにしてから

 

カンザシ付けて発泡浮き入れてユツケての工程で出来上がりです。

 

手間がかかるボンデン作りでございます。


陸仕事をすることで、海で漁ができるようになります。


色々と道具作り手間がかかりますが、

 

海に出て魚を獲るまで陸仕事は最重要となります。


浜休みの時は、修理仕事や道具作ってストックしておきます。


次は、大きな発泡浮き作りです。


ボンデン作りを

326.jpg

 

三陸沖は北西風速18mと吹き荒れています。


本日も休漁です。浜休みなので、陸仕事を。

 

先日、竹を真っ直ぐにする作業(ためる)をしましたが、

 

その竹にカンザシを付ける作業です。

 

327.jpg

 

ボンデン作るまでは、色々と工程があります。


竹の根本に、ローブでカンザシをユツケます。

 

329.jpg


このカンザシは、重りをぶら下げる箇所となります。

 

カンザシを付けてから、次は発泡浮きの工程となり、ボンデンが完成します。

 

浜休みの時には、道具作りをしストックしております。


普段、漁に出ていると漁具作りや修理はできませんので。

 

それにしても、今日は寒いですよ。


午前10時過ぎの宮古の気温は、氷点下2度です。

 

最強寒波到来だとか。明日は、一番の寒さになりそうです。


さてと、寒いので陸仕事は午前中で切り上げです。


明日は、漁に出る予定です。


ボンデン作りを

302.jpg

 

今日は、ボンデン作りをしました。


曲がった竹を真っ直ぐにする作業です。


バーナーで節の部分を炙ってから、

 

てこの原理で真っ直ぐにしながら


濡れタオルで冷やすと曲がった部分は真っ直ぐになります。

 

303.jpg

 

あまり炙りすぎて力を入れすぎても冷やす時に竹がプシューと

 

音を立てて割れ裂けますので加減も難しいです。

 

かなり手間がかかる作業です。


今日は35本竹をためました。


次は、下部分にカンザシを付けてから

 

発泡浮きを付けてゆつけてボンデンを作ります。

 

304.jpg

 

さて、今夜からまた荒れた気象になります。


三陸沖は、南西風速18mのち風速23mと吹き荒れます。


明日も休漁です。約1週間浜休み続きと、

 

風吹き荒れ時化た週でした。


しばらく毛ガニ見てないな・・・


| 1/9PAGES | >>