カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

第三回目のアワビ漁で

940.jpg

 

本日、宮古はシーズン第三回目のアワビ漁でした。


気温が氷点下だったので、アワビ管理はカメの生け簀に。


常時海水循環。

 

941.jpg

 

これで、凍死貝にせずに活きのいいまま水揚げできます。

 

昨日の見回しでいたところ、

 

アワビ下っていなくなってました( ノД`)シクシク…


どこにいったんでしょうか。

 

みなさん、アワビ竿が動いていませんでした。

 

942.jpg

 

 

943.jpg


そんなこんなで、

 

ウロウロしながら昆布の中をずっと覗きポタポタと採りました。

 

本日、アワビ漁は予定通り行われました。

 


残るあと2回行われ、シーズン終了となります。

 

 


サンマ5回目の水揚げ〜

 

今日、2日連続で宮古港にサンマ船が入港水揚げしました。

 

シーズン5回目の水揚げです。

 

サンマのスンナ回って来ました。

 

ありがとうございます!

 

今夜は、塩焼き〜♪


深海マダラジギングシーズンへ

879.jpg

 

 

三陸沖、凪よし。


潮がキタシオで、ボンデンがとんでもない北沖まで行ってました。


沖合いの助かった・助けた道具だけを上げると

 

マダラが獲れてきました。


小さいのから大きいのまで、マダラの水が入ってきましたよ。


獲っては、サイズ別に発泡に詰めてと魚市場に水揚げ〜

 

880.jpg

 

深海釣りマダラジギング、シーズンそろそろでしょうか。


これからマダラ獲れて(釣れて)きます。


マダラ・どんこ獲り頑張ろうと思います。

 

 


マダラ獲り〜

 

三陸沖、おおよそ凪よし。


水温20度台で、まだ下がる毛ぶりなし。


昨日から続く激速潮で発泡浮きは沈没しそうで

 

潮がガーガーと波打ってましたが


夜が明けてから緩んできました。


マダラ・ドンコ獲りをしています。


水がオカヨリに入り込んできています。


操業終えたらば宮古へ。


明日も出漁です。


たこ漁シーズン終了!

 

まもなく閉伊埼。


本日(31日)をもって、タコシーズン終了。


沖出し道具は積み込み移動し、すべて引っ込めました。


他船は、回収し陸揚げ撤収。

 


お疲れさまでした。

 


タコ漁シーズン終了へ

802.jpg

 

三陸沖、凪よし。


タコシーズン終了です。


道具を積み込み撤収作業、切り上げです。


タコ漁終盤で

776.jpg

 

 

操業終え宮古へ。


本日は最終回のウニ漁でしたが、

 

採捕はせず沖にタコ獲りにきました。

 

777.jpg


タコも終盤です。


残るシーズン頑張ります。

 

 

水が変わって、いい水が来てますよ。


鳥回り見受けられ、反応があります。


青物ジギング楽しめますよ〜


第六回目のウニ漁

767.jpg

 

 

本日は第六回目のウニ漁です。


魚市場特別休業日ですが、口開けされました。

 

768.jpg


殻付き水揚げ受け付け不可なので、

 

漁にでてくるサッパかなり少ないです。

 

先日よりは水が良いです。

 

 

769.jpg


5時半前には、早々にノルマ達成したので帰港します。


ウニ漁体験実習へGO!!

755.jpg

 

本日、第五回目のウニ漁でした。

 

3年ぶりにウニ採捕をしました。


周囲からは珍しい目で見られ言われ、

 

タモ竿の使い方忘れたかなと不安でした。

 

学校が夏休みなので、ウニ漁体験実習にGO!!


箱メガネ覗かせて海底に生息しているウニを見させて、


どのように採るのかも見せてから、タモ竿で採らせました。

 

756.jpg

 

竿タモが潮で持っていかれて、

 

中々ウニをすくうことが難しかったようですが、


その内コツも分かって来たようで、

 

初めてウニを採ることができました。

 

 

達成感もあったそうで、

 

ウニ採るのが楽しくてしょうがなかったそうです。

 


初っ端から実践し採らせて良かったと思いました。

 

758.jpg


操業時間30分前まで、ウニを採ってノルマ(定量1カゴ)達成しました!

 

本日のウニ漁体験実習、楽しかったそうです。

759.jpg


そして、帰港してからの剥き作業も体験しました。

 

殻をうまく割ることが難しく、

 

変なに割って実を裂け壊したり、

 

ピンセットで腑を取る手間作業が大変だったとのことで

 


ウニ漁全体の大変さも分かって、いい経験だったそうです。

 


また機会があればウニ漁に行きたいそうです。

 

760.jpg

 

牛乳瓶生ウニ。食い量をスンナ。


3年ぶりのウニ漁へ

本日、第五回目のウニの口開け通達がありました。

明日(5日)は、ウニ漁です。

今日は、1日中ウニの準備をしました。

見回しをしてきた漁師から水がどうだったか聞くと

水が悪くて見えなかったとのこと。

 

油水がたって、何が何だか見えず明日は駄目じゃねぇかとのことでした。

水が見えないと浅い場所のウニも見えませんね。

こりゃ、駄目かも。

深場から探しタモするしか方法はないのかな。

 

沖のタコに行った方がいいと思ったのですが

沖のタコの漁が、すぱっと切れました。

水温高くなって、漁が綺麗さっぱり獲れなくてなれんした。

水温23度になりましたし、あぁ切れる水温です・・

それと、明日のは南風がかなり吹き荒れますので、

沖に出ても朝方前に戻ってくるような海状況なので

ウニに行った方が正解なのかなと。

 

さてと、3年ぶりのウニ漁です。

タモ竿の使い方忘れました・・・・

大丈夫かな?

学校が夏休みなので、ウニ漁体験実習に連れて行く所です。

 

箱メガネで覗かせたり、カイの操作やらせたりではなく、

初っ端から、実践採らせます。

若いうちから、実践させた方が覚えがかなり早いのです。

目で見て盗め覚えろとか、数年から数十年先にやらせるのは昔のことです。

現代の若者には、分かりやすく何回も丁寧に教えて実践させることが早道です。

ということで、明日は一緒に採ります。

 

ウニを採る気満々です。

たぶん、潮の動きでうまく竿タモが持って行かれて

標準が合わないの分かると思うのでそれも勉強ですね。

自分なりに色々分かってきて熟練度を上げることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


| 1/9PAGES | >>