カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

マダラの水が入り込んで



大時化後の出漁。

潮がかなり速くなってましたよ。

発泡浮きが沈みそうになってました。

巻き上げるのにもロープにかなり負荷がかかって

 

切れるかとヒヤヒヤでした。

常にゴーヘーしながら、ゆっくり巻き上げ操業しました。

タコの漁はシーズンも終了し、完全に切れてダメでした。

樽でようやっと3個でした。

9月はまったく獲れなくなるのが普通なので仕方がないです。

10月になれば、水が変わり次第に獲れてきて

下旬から11月はまた獲れるのが例年です。

9月は休みながら漁にでます。




マダラの水が入り込んできましたよ。

獲れたマダラは同じサイズ同士で発泡に詰めます。

大きいサイズから小さいサイズまで分けて詰めて水揚げです。




明日もマダラが入ってくればいいなと願います。


タコ漁シーズン終了で



今シーズンのタコ漁終了しました。

今年は、早い時期の5月から獲れ始り、

6月・7月と漁が続きました。

ずっと続くことはあまりありません。

今年は、ウニは採捕はしないで、沖漁に出ました。




魚市場に水揚げ量は、昨年よりも良かったです。

今年はいい年でした。

来年のシーズンも、大漁を祈ります。


ウニ漁最終回で

352.jpg

 

昨年の夏休みには漁業体験実習で
 
ウニ漁がどのように行われているのか、
 
箱メガネを覗いて海底に生息するウニを見て探すのを体験しました。
 
海の中がどうなっているのか、
 
ウニをタモで採るのがどうなのかというのも、
 
とても新鮮だったそうです。
 
353.jpg
重茂半島,閉伊崎漁場から海を挟んだ宮古へ帰り
 
帰ってから、ウニ剥き作業もやってみて、難しかったそうです。

残念ながら、今年は夏休み中に口開けされず

(7月21日〜8月23日まで一回も行われなかった)


体験実習もできませんでしたが、
 
来年の夏休みに口開けされたらば、一緒に付いてくるそうです。

 

 

さてと、本日 第10回目のウニの口開け通達がありました。
 
明日(28日)は、宮古はウニ漁です。
 
そして、明日で最終回(シーズン終了)です。

 


ミズダコのスンナ



ピンピンをスンナに。




帰りにスンナ回しです。


自家消費魚のスンナ



スンナ(どんこ・ナメタガレイ・ミズダコ)

スンナとは、魚市場に水揚げしない魚で、

傷や発泡詰めに余った型やハジキなど  自家消費魚です。

新鮮でも自家消費に持ち帰ります。

バラだと二束三文なので、ただ同然に持ってかれるのでスンナにします。

スンナは全部傷というわけではないんですよ。

普通で新鮮です。ただ、セットにならないだけです。

毛ガニシーズンでも、スンナはでます。

ハサミが無かったり、足がもげてたり、甲羅が割れてたり

甲羅が割れているのが黒く修復していたり、

ぐたぐたで死にそうだったり、死んでたりもスンナです。

傷ではなくても、少なかったりすると値段も安かったらばスンナにします。

自家消費魚のスンナは、ある意味オススメですよ。

マダラが大漁で



今日はマダラが多く獲れました。

タコシーズンに、カゴにマダラが獲れまくるというのは、

 

まずないです。

カゴに入っても数匹くらいのオマケ程度なんです。

それが、いったいどこからマダラが来たんだろうかと

 

ビックリしました。

タコよりマダラが大漁でしたよ。

宮古市魚市場には、沖底延縄船数隻が

 

マダラを3500ケース水揚げで大漁でした。

先日からマダラ大漁となっています。

水が来たようです。

深海ジギングをしたらば、釣れまくりだと思います。

やろうかな・・・(^_^;)

水揚げ後、氷を積み込み

 

そしてマダラを入れ詰める発泡も積み込みました。

明日もマダラが獲れればと祈ります。


マダラの水が来て



今までマダラがまったく獲れなかったのが、

 

水が変わって獲れてきましたよ。

魚が重なると表面が白く変色するので、

代わりヨゴダに交換しながら漁をしました。




サイズ,各セットで発泡詰めです。

宮古のマダラは美味しいですよー


ミズダコ捕獲〜



ミズダコ捕獲〜

今年は早い時期から漁が続きました。
ウニも採捕することもなく、沖漁に。

ウニ漁に行かなかったのには、漁が続いてがありました。

今年はまだ一回もウニを採捕してませんが、
おそらくこのままウニは採らずタコ漁にでると思います。



そろそろ漁がなくなり切れてくる頃になります。

例年、お盆前後に漁が切れて獲れなくなり、シーズン終了になります。

今年は、ちよっと漁が早く切れてきましたが、
なんとか漁がもってくれることを祈ります。


タコ最盛期で

291.jpg

 

宮古に帰ってきました。


タコが大漁でした!


魚市場に水揚げします。


明日も大漁祈ります。


今年はウニが高値で

今日は、浜休みです。

 

プレハブ小屋でカゴ修理を。

 

修理をしていると、本船に昔乗っていた乗組員が自転車で来ました。

 

『おーい、カゼが開いだぁずうがや』

 

とのことで、明日は第五回目のウニ漁です。

 

『雨が降って川から濁った水が海に出て水が悪いがや、明日は見えねぇんでねえがや』

 

「そうすか、水がわりーすか。じゃ、むげえはだめだぁがすか。とげいさいがねえば」

 

『あんつぁん、カゼさ行ぐのんが?』

 

「カゼには行がねぇでば。タゴさ行ぐべえすか。」

 

『そうだぁ。タゴさ行げ。行った方が正解だぁがや』

 

今年はカゼが痩せで身があまりない状況です。

 

製品にもなるのも・・・・な感じでして

 

水揚げ量も少なくて、ウニ実が足りなくて高値です。

 

例年にない高値ですよ。

 

牛乳瓶一本 3000円以上してます。

 

これがお盆前になれば、4000円〜5000円になるかと思われます。

 

現時点でも高値ですから・・・・

 

水温も上がり前より(1回目2回目)は実が肥えてきたそうですが

 

これから実がさらに肥えてくることを願います。

 

明日は、ウニは採捕はせず三陸沖に出漁タコを獲ります。

 

タコ専門なので沖漁に出ます。

 

ウニは、肥えてきてから採捕しようと思います。

 

7月中旬以降かな。

 

その前に、魚市場が土日休業・水曜日特別休業の日に口開けされたらば

 

採捕しようと思います。

 

土日・水曜日口開けになればいいな。

 

さてと、明日はタコです。餌や氷・漁具を積んでと備えました。

 

漁が続いているので、お盆前までこの調子でと祈ります。

 

 


| 1/3PAGES | >>