カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

神経伝導速度検査で

 

今日は、手根管症候群の疾患調べ検査日。

 

神経伝導速度検査をしました。

 

手の数か所の部分にテープやリングをして小指側にはアースを。

 

ペンみたいなのを押し付けて正中神経や尺骨の箇所

 

肘の内側(指でゴリゴリすると手先まで電気が走るあの部分)

 

そして脇の部分に。それぞれの箇所に押し付けながら

 

電気的刺激を与えて強さもレベルを上げて、バツン バツンと。

 

最初の10レベルまで行かない刺激は軽くピリッとするくらいでしたが

 

20〜30となると電気刺激と痛みが強く

 

35まで上げると、肘から下がビクンと跳ねて動きました。

 

手首が宙に浮きました。

 

痛かったですよ。電気を流す時の瞬間痛さは、

 

針を刺すまでいかないまでも電気ショックの痛さです。

 

強いレベルでやると、心臓マッサージのAEDのように、

腕が跳ねました(笑)

(肘内側の部分に電気刺激与えると)

 

 

正中神経の伝達速度が低下しているのとか色々と。

 

約30分くらいで終わりました。

 

検査結果は、次回になれんした。

 

右手首は、手根管症候群・tfcc損傷・尺骨突き上げ症候群の3つです。

 

どの診断症状の手術を最初しますかになりまして、

 

痺れの手根管はまだいいので、tfcc損傷(靭帯・軟骨損傷)の

 

手術を希望しましたらば、あれ?尺骨が突き上げているから

 

tfccを縫合しても、尺骨が長くて突き上げてるから

 

tfccの箇所をまた損傷するから、

 

尺骨を切って短くしましょうになり

 

あれ・・・・骨切術ですか・・・・

 

tfcc手術+尺骨短縮術になれんした。

 

9月が手術なので、その前に手根管症候群の検査をしてくださいになり

 

本日その検査をしました。

 

右手首付近は色々と大変でございます。

 

6月中旬〜7月〜8月初旬までタコ漁最盛期になるので

 

お盆前までは持ってほしいと思います。

 


コメント
コメントする