カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

自作パソコン1号機組み立てを

146.jpg

 

昨年(2016年)の一月に自作パソコン組み立てました。

 

自分的の使用用途は、画像・動画編集がメインでございます。

 

その用途が、ストレスなくできればいいなスペックと

 

グラフィックカードは必要だなという感じです。

 

他、オンラインゲームもそれなりにできればいいなと思いまして

 

あまり高いスペックすぎないようなパーツ類を選びました。

 

CPUはスペック的に低くないのにし

 

妥協するパーツは妥協してスペック低いのと安いのにしました。

 

上記の写真のパーツ類

CPU・マザーボード・メモリ・SSD・CPUクーラー・

グラフィックカード・DVDドライブ・電源・PCケース・OS

 

147.jpg

 

●CPU:INTEL Core i7 6700 BOX(LGA1151/3.40GHz/8M/C4/T8)

 

  自分用途スペックでは、このCPUで十分!

 

 

●CPUクーラー:DEEPCOOL GAMMAXX 300

 

  純正のファンを使いたくなかったので。

 

 

 

150.jpg

 

 

●マザーボード:ASRock H170 Pro4

 

  コストパフォーマンス最高です。

 

 

149.jpg

 

●メモリ:DDR4 PC4-17000 4GBx2(8GB)

 

  定番のメモリです。

 

 

 

148.jpg

 

●SSD:Crucial MX200(SATA 250GB MLC)

 

   OSを素早く起動するのにSSDにしました。

 電源入れて起動、10秒もしないうちにPC操作でき感動。 

 今回は、HDDは買ってません。

 SSD起動がメインで、のちにHDD増設)

 

 

153.jpg

 

●光学ドライブ:ASUS DRW-24D3S

 

  とりあえず、OSソフト起動できれば的。安くて十分です。

   

 

154.jpg

 

●電源:ENERMAX RevolutionX’t ATX 530W

 

  とりあえずは、このワット数で必要十分。

      

 

151.jpg

152.jpg

 

●グラフィックカード:Palit JET Stream「風」

           NVIDIA  Geforce GTX960

      動画編集・オンラインゲームは、オンボードではなく

  グラフィックカードを使いたかったので。ミドルレンジにしました。

  

 

 

155.jpg

 

●PCケース:ENERMAX ECA3360B-BT

 

 なんと!3000円ちょっとするケースです。

  そしてコストパフォーマンスは最高でチープ感が多少なりあります。

  コスパすぎるケース、防音もそれなりにしますが、許容範囲内です。

  振動の方が気になると思いますが・・・・・

  とりあえずは、後で高いのにすればいいかナ的ですが

  これはこれでアリなケースだと思います。

  ただ、パーツの干渉があったりするので・・・・です。

  HDDはネジ穴が合わず設置できないという汗でてきますよ。(素直に高いの買え)

 

●OS: Windows 10 Home 64bit 日本語(DSP版)

  自作パソコンは、このOSです。(リナックスはマニアです)

  

 

ということで、上記のパーツで組み立てです。

 

次回へ 続く・・・・・・・

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック