岩手県宮古市から日々起こった色々な出来事など発信しています

北海道は鮭が豊漁、しかし本州まで南下せず岩手県では鮭が不漁で

  • URLをコピーしました!

風吹き荒れ時化続きです。

今日も南風が陸でも強い状態で、海はその通り時化です。

時化休みなので陸士事、かご修理をしました。

浜休みの時は、陸仕事で道具修理や作ったりとやることが色々あります。

さてと、岩手県の鮭漁ですが不漁続きです。

12月は定置網での鮭は最盛期となりますが、その最盛期というのに鮭が獲れていません。

昨日は、9つの定置網の鮭の水揚げ合計は、なんと68匹。

昔は万単位の水揚げでしたが、今では100匹を切る漁獲です。

北海道は鮭が豊漁とのことで、そっちにも鮭が行くぞと北海道の漁師が言ってましたが

その鮭も北海道から南下せず、本州に来ないという・・・・

そして岩手県の鮭は、大が付くほどの不漁が続いています。

昨年より悪いんじゃないかと思います。

鮭の水揚げ数が100匹も切っているので、買う方も争奪戦。買えない業者は・・・・

これほど鮭が不漁とは、どうなっているんでしょうか。

12月中旬で鮭のピークは終わりますが、もうこの不漁続きだと鮭漁も決まったも同然です。

サンマ・鮭に依存してきた水産業は大変なことになっています。

店でも鮭やイクラが高騰すると思われます。

そんなこんなで、漁業や水産の情報でした。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント(メールアドレス・サイト入力は任意です)

コメントする

CAPTCHA


目次