カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

小型船舶操縦者法令改正で

小型船舶操縦者に基づく省令が改正され

 

2018年2月に施行されることになりました。

 

 

救命胴衣着用義務化になりまして

 

今までは、小型船舶(20トン未満)は、一人で操業する場合や

 

12歳未満の子供などには原則義務化になっていましたが

 

2018年からは、乗船者全員に救命胴衣着用義務化になり

 

乗船者に救命胴衣を着用させていない場合は、

 

船長が罰則になります。(違反点数2点)

 

 

ただ、この義務化罰則が知れ渡るまでには時間がかかることも考慮して

 

違反罰則は、2022年2月からとなるようで

 

それまで着用していない場合は指導するとのことです。

 

 

サッパ船で磯漁業(ウニやアワビ漁)では、二人乗りでも

 

着用していましたので、今まで通りで大丈夫ですが

 

それより大きい船になれば、同乗者全員救命胴衣着用義務になります。

 

 

凪がいい港内や岸壁での係留での乗船していた場合は

 

罰則ではなく努力義務にとどめるそうです。

 

岸壁に係留して船仕事やら色々している場合は、努力義務のようです。

 

義務ではなくあくまでも努力義務とのこと。

 

 

鍬ケ崎のおぐまん様のお祭りの時の曳き船の場合(神行事)は

 

救助船(保安庁や監視船)がすぐ近く周囲に配置していれば

 

例外的に適用除外となるそうです。

 

 

法改正施行は2018年2月からです。

 

乗船者は救命胴衣義務化になりますので(罰則は2022年2月から)

 

周知徹底まで指導が入ると思いますので

 

法改正知らなかったということもないように

 

救命胴衣着用しましょう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック